正直言えば、誰でもできる

タクシーの模型

タクシー運転手の求人が人気がある理由は、普通運転免許さえ持っていれば誰でもできる仕事であるからです。そのため、リストラに遭い再就職しようとしても箸にも棒にも引っかからない人が、最後の求職先としてタクシー会社に来るほどです。タクシー会社側も、人材不足なのかあっさりと内定を出すところが多いです。タクシードライバーは普通運転免許がなければつくことができません。しかし、タクシー会社側は入社後に普通運転二種免許を取得させるためのバックアップ体制をとっています。この時にかかる費用は会社側が立て替えてくれますので、普通運転免許二種免許がないので入社できないという事はありません。また、入社して普通運転免許二種免許取得後は独り立ちできるまでの社内での研修があり、タクシー運転手として務まるかという不安を払しょくしてくれます。独り立ちしてから三か月間は最低保証としての給料が支払われます。このようなバックアップ体制が確立していますので、タクシー運転手の人気があるわけです。

頑張れば本当に稼ぐことが出来る

タクシーの模型

タクシー運転手の給料は、基本給プラス歩合の合算で算出されます。この歩合が高ければ高いほど給料も必然と上がっていきます。逆に歩合が少なければ給料が少なくなります。つまり、この歩合をいかにして高くしていくかがミソになります。稼いでいる人は、乗客に対してきめ細やかなサービスを行い、降車前に自分の名刺を渡して自分の固定客にしていきます。固定客が増えれば、必然と売り上げが上がり歩合も上がり、給料も増えていくというプラスのスパイラルに入ります。つまり、自分の行い一つで売り上げが上がるのと給料が上がるのが目に見えますのでやりがいを感じます。このような労働環境であるので、がっつりと稼ぎたい人にとりましてはタクシー運転手の求人が人気があるわけです。最も、入手する際は、この歩合に関して面接で聞き出し、その歩合の比率がよいタクシー会社に入社するのがおすすめです。そして、もうひとつ人気がある理由はほぼ永久に働けるという事です。大半のタクシー会社では六十歳を超えても、未だ現役でドライバーとして勤務している人がいます。つまり、二十代から六十代までと、幅広い年齢層が働いているというのがタクシー業界の特徴といえます。これは、一定期間タクシー会社で乗務して個人タクシー開業要件を満たしたのちに、個人タクシーとして独立開業すれば、ほぼ永久的に働くことが出来ます。働ける期間が長いので、タクシー運転手の求人が人気がある二つ目の理由です。

広告募集中